HOME > G棟の全貌、いよいよ現わる

top

2016年 12月 建築日記
Diary December 2016

G棟の全貌、いよいよ現わる

 
2016年12月06日
 

 千代田キャンパス大学校舎G棟(地下2階・地上7階建て)は11月25日に防炎シートが外れ、いよいよ建物の全貌が姿を現しました。


Gtou

(左から)大妻通り交差点からの外観、大妻中学高等学校正門側からの外観


imageG

 完成イメージと比較すると、外壁部分がほぼ完成していることが分かります。現在、建物内部や外構工事などを行っています。


 これで大妻通りを挟んで千代田キャンパスの全校舎が揃い、千代田キャンパス再開発プロジェクトもいよいよ最終章を迎えようとしています。


panorama

大学校舎B棟屋上から大妻通りを眺めた様子



○校章もお目見え

emblem

 G棟の南東にあたる、大妻中学高等学校正門側の入口には大妻学院の校章が――。建物の外壁にイメージを合わせた温かみのある陶製で、直径は1.5メートル。本館E棟西側壁面に付けられている校章の直径が2.3メートルあるのと比べると少し小ぶりの可愛らしいものとなっています。


 なお、G棟の竣工は2016年12月の予定でしたが、2017年2月となりました。

建築日記

現在の建築状況をご覧頂けます。

2017年04月04日

2017年04月04日

大学校舎G棟・H棟竣工式を挙行

2017年02月20日

2017年02月20日

G棟の建物内部を紹介!

2017年02月15日

2017年02月15日

大学校舎G棟竣工

2017年02月15日

2017年02月15日

G棟竣工 マスコミ向け記者会見

2016年12月06日

2016年12月06日

G棟の全貌、いよいよ現わる

一覧を見る

top

ページトップへ