HOME > 大学校舎G棟・H棟竣工式を挙行

top

2017年 04月 建築日記
Diary April 2017

大学校舎G棟・H棟竣工式を挙行

 
2017年04月04日
 

 本学千代田キャンパス大学校舎G棟・H棟の竣工式および竣工祝賀会が、3月28日に同キャンパスで行われました。


GH棟竣工式

 竣工式(神事)は、関係者ら43人出席の下、午前10時30分からG棟4階講義室でしめやかに執り行われ=上写真、花村邦昭理事長・学長とH棟の事業主である三菱地所株式会社・小野真路代表執行役執行役専務、G棟の設計・監理を担当した株式会社日建設計・亀井忠夫代表取締役社長、H棟の設計・監理を担当した株式会社三菱地所設計・大内政男取締役社長、G・H棟を施工した前田建設工業株式会社・前田操治代表取締役社長が玉串を捧げました。その後、無事工事が終わったことをねぎらい、花村理事長・学長から設計・監理や施工にかかわった4者に感謝状を手渡しました。


GH棟内覧会

 竣工式に続き、午前11時から内覧会が行われ、竣工式出席者のほか、教職員や地域住民、建設に関わった方々がG・H棟の施設・設備を自由に見学しました。G棟では文字が書き込め、プロジェクター用の大型スクリーンとしても活用できるガラススクリーンが設置されたアクティブラウンジ=上写真、H棟ではe-VDI(仮想デスクトップ)システムを導入した5つの情報処理教室など最先端の施設が公開され、注目を集めていました。


  GH棟祝賀会
(左から)花村邦昭理事長・学長、石川雅己千代田区長

 その後、E棟2階学生食堂「コタカフェ(kotacafé)」で、来賓、近隣住民、学院・建築関係者など約250人を招いた竣工祝賀会が開かれました。花村理事長・学長は冒頭のあいさつで「大学にいつまでもいたいと思えるような仕掛けを各所に設け、学生同士、学生と教員との交流が自由にできるようにした」とG棟のポイントを語るとともに、「G棟のラウンジは、地域への開放を検討している。地域とともに栄えていく大学が目標です」と決意を話しました。
 来賓を代表して、石川雅己千代田区長からは「街のシンボルとなる立派な校舎ができた。学生や教員が中身をさらに充実させるよう期待しており、地域とともに隆盛を極め、発展するために区でもお手伝いしたい」と温かい祝辞が本学に贈られました。


GH棟祝賀会2

 続いて、大澤清二副学長が「大妻学院の歴史にまた新しい1ページが加わった。これも皆さまのおかげ」と謝意を述べて乾杯=上写真。祝賀会場では、G棟・H棟が更地の状態から完成へ至る過程をたどったスライドショーも放映され、関係者からは大きな拍手がわきおこりました。
 最後に重吉博右常任理事は、教職員に向け「新しい舞台(校舎)に相応しい脚本(授業)を練って、懇切丁寧な演技指導(教育)を行い、三番町から女性リーダーを輩出していけるよう努力してほしい」と締めくくり、祝賀会は盛会裏に終了しました。


建築日記

現在の建築状況をご覧頂けます。

2017年04月04日

2017年04月04日

大学校舎G棟・H棟竣工式を挙行

2017年02月20日

2017年02月20日

G棟の建物内部を紹介!

2017年02月15日

2017年02月15日

大学校舎G棟竣工

2017年02月15日

2017年02月15日

G棟竣工 マスコミ向け記者会見

2016年12月06日

2016年12月06日

G棟の全貌、いよいよ現わる

一覧を見る

top

ページトップへ